食後の運動は、血糖値を下げて、食べても太りづらい体質に変えてくれる効果がある

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食べた後運動はよくないよ!

これは小さい頃からずっと言われてきたことだと思います。

確かに吐くほどの激しい運動はNGです 笑

激しい動きは消化にも影響が出てしまいますし、あまりよくないのですが、軽い運動は体に悪いどころか、むしろ、積極的に取り入れたほうがいいというのはご存知でしたか?

実は、食事をすると、血糖値が自然と上がります。

食べた後に眠くなりますよね?

あれも血糖値が関係しています。

この血糖値が上がるとインスリンが分泌されて、脂肪を蓄えてしまうことにつながります。

なので、ダイエットをしているのであれば血糖値を上げない工夫が大切です。

例えば、最近話題のGI値(ジーアイチ)を気にしたダイエット。

GI値は、血糖値の上昇要素を数値化したもので、GI値が低くて糖質が低いものを食べると、血糖値が上昇しづらいので、ダイエットに効果的とされています。

詳しくは以前紹介した記事がありますので、そちらをご覧ください。

そして、血糖値を上げないための一番の方法が、本日ご紹介する食事後に軽い運動!です。

食事後に軽い運動をして、上昇する血糖値を抑えるという流れです。

これが、意外と簡単で、体型維持やダイエットに効果があります。

食べ終わってほんのすこしの時間、目安としては1分でできるメニューもありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ほんの少しの運動でも効果が出る!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ食後に運動をすると太りづらくなるのか

では、なぜ食後に運動をすると太りづらくなるのか?をご説明していきたいと思います。

実は、太るということは、血糖値が上昇することと関係しています。

血糖値が上昇すると、インスリンが分泌され、糖質が体脂肪として蓄えられるという働きをします。

このインスリンの分泌を抑えるには、血糖値の上昇を防ぐ必要があります。

血糖値の上昇を防ぐには、運動をするのがおすすめです。

なので、食後に上昇する血糖値を抑えるためには、運動が効果的となります。

食後に行うと効果的な運動とは?

では、どのような運動を行うかですよね?

ジムに行かないとできないようなトレーニングでは、食後に簡単にできませんし、あまりにハードなトレーニングでは、毎日続かないですからね。

このトレーニングは毎日積み重ねることに意味がありますので!

ももあげ

よくもも上げダッシュとかありますよね?

小学生の時によくやらされていた例のアレです 笑

あのもも上げ部分だけをひたするやるというものです。

50回をめどに行います。

息が切れてきて、だんだん腿が上がらなくなりますが、ダイエットのためだと思って気合で頑張りましょう 笑

スクワット

意外ですかね?食後のスクワットはテレビでも医者がお勧めするほどの効果がある運動となっています!

しかも、20回程度行うだけで十分とされています。

20回だったら、食後に立って、少しスクワットをして、以上!

ほんと1分くらいで終わってしまいます!

これなら毎日継続できますよね!

もも上げと違ってすごく辛いということにはならず、自分のペースでできるので、とても続けやすい、挫折しにくいダイエット方法だと思います。

というか、ダイエット方法というほど意気込む必要がない、すこしなまった体を動かすというレベルな気がします。

それぐらいの運動量なので、かえって続けやすいのかもしれないですね!

まとめ

食後に動くのは良くないと言われてきた方が多いかと思いますが、健康的な生活をするには、食事後に適度に動いて、血糖値を下げるということが、体にとっても大切です。

これを毎日毎食続けるのと続けないのでは、全然違いますので、ぜひやってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました