筋トレを効率的に行うための呼吸法とは?脂肪燃焼しやすくなる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん、ダイエットのために日々運動や筋トレを頑張っていると思います。

ツイッターなんかでも日々頑張っている人がたくさんいますよね!

そういった方がいっぱいいると、お互いの励みになりますよね。

筋トレを頑張っている方たち向けですが、その筋トレの効率をもっと上げて、たくさん筋トレが出来て、効率よく代謝のいい体を手に入れるための呼吸法があるのはご存知でしょうか?

よく、筋トレは、筋トレをしていて、負荷をかけている部分に話しかけるだとか、その部分を意識すると、筋トレの効率がアップするなどと言われています。

それほど、筋トレは、意識ひとつ、細かいやり方の変化ひとつで、効果がかなり変わってきます

今回お話しする呼吸法もその一種です。

そして、この呼吸法がすごいのが、今からでも呼吸法を意識するだけで、普段とは違った筋トレを感じることができます。

びっくりですよね。

呼吸法を変えるだけで、効果の違いが実感できるなんて。

呼吸法を意識することは、筋トレの本や動画などでたまに筋トレ中にさらっと言われることですが、重要性について、効果についてはあまり取り上げられないので、意識せずに無視してしまう方が多いかと思います。

なので、今回は、その呼吸法の有効性について、しっかりとご説明させていただき、呼吸法の有効性をご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呼吸法を変えるとどのような効果が出る?

呼吸法を変えると出る効果は主に以下の2つがあります。

  • 心拍数が上がりやすくなり、脂肪燃焼効果が得やすくなる
  • 乳酸が溜まりにくくなり、筋トレを続けやすくなる

心拍数が上がりやすくなり、脂肪燃焼効果が得やすくなる

実は、正しい呼吸法で運動すると、心拍数が上がりやすくなります。

すでに、私の家にある心拍数計付きのスピンバイクで実践済みです!

同じ運動強度で(運動強度も計れるので正確)、測ったところ、心拍数が110から124にあがりました。

この心拍数を10上げるというのが結構大変で、それなりに運動強度を上げないと上がりません。

特に、ずっと続ける有酸素運動なんかですと、ずっとその運動強度では、続かない!ということが多いと思います。

そんなときに、呼吸法を変えるだけで心拍数も上がれば、運動強度を高めなくて済むので、長く有酸素運動が続けられて、脂肪燃焼効果を多く得られますね!

脂肪燃焼効果を高めたい方は、ぜひ呼吸法に気をつけてください!

ちなみに、心拍数と脂肪燃焼効果については、以前別の記事でまとめてますので、よろしければこちらもどうぞ!

乳酸が溜まりにくくなり、筋トレを続けやすくなる

これは、ぜひやっていただければわかります!

例えば、腹筋なんかですと、10回もやればだんだん筋肉がきつくなってきてそれ以上できない!という方が多いかと思います。

そこで、呼吸法です!

呼吸法を意識することにより、筋肉のきつさが和らぎ、もう少し長く筋トレを続けることができます!

ぜひ、試してみてください!

呼吸法はどのような呼吸法?

では、みなさん気になる呼吸法を説明していきます!

イメージとしては、鍛えている筋肉を伸ばしているときに息を吸い、収縮させるときに息を吐く!これだけです!これが、唯一のポイントになります。

筋肉を伸ばしているときに息を吸い、収縮させるときに息を吐く!

腹筋の場合の呼吸法

例えば、腹筋の場合ですが、背中を床につけながら息を吸い、状態をあげながら息を吐く!このように行ってください。

そうすると、あんなにきつかった腹筋が嘘のように、回数が増えますので!

スクワットの場合

スクワットの場合も腹筋と同様です。

腰を下に下ろしながら息を吸い、腰をあげるときに息を吐く!といった形になります。

スクワットは、そこまできつくないので効果を感じられないかもしれませんが、その反面、脂肪燃焼効果はすごく感じやすいかと思います。

普段通りの呼吸法で行ったときと、呼吸法を気をつけて行った場合で比較していただけると、体の暑さが全然違うのがわかるかと思います!

汗のかき始めるスピードも違いますので、ぜひ試していただければと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

呼吸法を変えるだけで、こんなにも効果が変わるなんて、意外でびっくりした方が多いのではないでしょうか?

積み重ねていく筋トレなので、呼吸法を変えるだけで、将来的な効果の出方がかなり変わってきますので、呼吸法を気にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました