空腹時に甘いものを食べてもいい?食べるタイミングを考えないと太る?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん、甘いものは好きですか?

もう聞くまでもないですよね 笑

もちろん私も大好きです 笑

甘いものってなんであんなに美味しいんですかね?

特にケーキなどのスイーツ。

コンビニに行くと、新作が出ればついつい買ってしまったり、毎年定番の美味しいスイーツが出たらついつい1回は食べてしまったり。

私は、1回で済まない時の方が多いですが…

めろこ
めろこ

甘いものって、無制限に食べたくなるんだよね…

そうなんだよね。止まらないんだよね…

めろん
めろん

そして、特に甘いものは、お腹が空いている時でも問答無用に食べたくなるんですよね。

ケーキはもちろん、寒い季節であれば暖かいお汁粉もいいですし、アイスなんかは、寒い冬はもちろん!夏には絶対食べたくなるスイーツですよね!

カロリーが高いから控えないとと思っていても、それでも食べてしまうスイーツの魔力。

あの魔力には、なかなか勝てませんよね。

そのため、最近では、1日の食事をすべてスイーツで賄っています!という方もいるのですが、それは、やはり危険です。

みなさん、なんとなくスイーツだけで過ごしたら体に悪いのは、わかっていただけるかと思います。

スイーツだけでは、ミネラルやビタミンなど、必要な栄養素が摂取できませんからね。

さらに、スイーツだけで過ごしている方がよく言うのは、スイーツを食べる分、カロリーをしっかりと調整して、1日の平均摂取カロリー以下になるように抑えているという話を聞きます。

ただ、それ、本当は危険なのです。

絶対にそんな生活してはいけません…

体に悪くても私はそれで生きていきたい!それが私の人生なの!という方は、それは止めません 笑

できれば私も体に影響がなければそんな生活してみたいですし。

ただそれだと、知らず識らずのうちに体の不調を起こす原因になりますし、時には、精神的な不調を引き起こす原因となってしまうのです。

今日は、そんな、空腹時に炭水化物を食べる危険性について、ご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

炭水化物とは?

炭水化物とは、タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミンに分類されないもののことを言います。

脂質以外の栄養素の中では、主に人間の活動のためのエネルギー源となる栄養素でもあります。

そして、炭水化物の中に、糖類、糖質、食物繊維があり、それぞれ、体に糖として吸収されるかどうかが大きな違いとなっています。

その中でも、最も太る原因と言われているのが、主に糖類となります。

これが甘いものに含まれているダイエットの天敵です!

その他、炭水化物には食物繊維という体にいい栄養素もあります。

一応説明したいと思います。

食物繊維は、太る原因となっていないのは、みなさんご存知かと思います。

食物繊維は、むしろ、ダイエットの強い味方となります。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維は、主に便通を良くしてくれたり、コレステロール値を下げてくれるため、動脈硬化を防いでくれる働きがあります。

一方で不溶性食物繊維は、腸内環境を整える効果があります。

不溶性食物繊維は、腸内にいる痩せ菌という菌のエサになるため、痩せやすい体質に変化する効果をもたらします。

詳しくは、以前まとめた記事も参考にしていただければと思います。

なぜ、空腹時に炭水化物を食べてはいけないのか?

では、空腹時になぜ炭水化物を食べてはいけないのか?についてです。

炭水化物は、糖質です。

糖質は血糖値を上げる原因になります。

仮にお腹が空いている時に糖質を摂取すると、血糖値が急上昇してしまいます。

そして、血糖値が急上昇すると、インスリンが過剰に分泌されて、そこから一気に急下降します。

そうすると、頭がすっきりしなかったり、イライラしてしまったり、イライラが抑えられずに切れてしまうこともあります。

そのような負の部分を回復させようと、体は、またすぐに下がった血糖値をあげようと、甘いものをとりたくなってしまいます。

甘いものがない場合、清涼飲料水やジュースなども無性に飲みたくなってしまいますが、それも落とし穴です。

そこで、とるべき栄養素は、炭水化物ではありません。

またそこで、炭水化物を摂取してしまうと、その後にまた、炭水化物が欲しくなる負の悪循環に陥ってしまいます。

なので、もしも炭水化物を摂ってしまいたい時は、一旦別のビタミンやミネラルを含む食品を摂取する習慣を身につけてみてください。

仮に炭水化物を食べてしまった場合は、その後にでもビタミンやミネラルを摂取して、その後の炭水化物の過食の悪循環を起こさないようにしていただければと思います。

また、外食などで、これから炭水化物を摂取するというのがわかっている方は、ビタミンやミネラルを摂取することにより、食べ過ぎを防ぐことができます。

ビタミンやミネラルをいつでも摂取するために

ビタミンやミネラルは、基本的には野菜やフルーツ、場合によっては肉などから摂取しないといけないのですが、もしもすぐに摂取したい!となった時に、食材がなかったり調理の時間がなかったりなど、簡単には摂取できない場合が多いかと思います。

そんな時には、サプリメントで摂取するのがおすすめです。

特に、ビタミンはマルチビタミンを摂取すれば、補うと体にいい効果の出るビタミンがたくさん含まれているのでおすすめです。

もしも、どのビタミンが効果があるのかわからない!といった方は、以下のマルチビタミンを摂取していただければと思います。

やっぱりDHCのサプリメントがコスパが一番いいです!

サプリメントをよく飲む人ならお分かりになるかと思いますが、同じ成分量のサプリメントと比較しても圧倒的に安いですし、DHCなので安心できますしね!

なので、飲みたいサプリメントでDHCにあれば、DHCのサプリメントを選んでいただいて間違えないかと思います。

一応言っておきますが、決してDHCの回し者ではありません 笑

私は、このサプリメント以外にもDHCのサプリメントはたくさん飲んでいます。

ナットウキナーゼや乳酸菌なども。それぐらい信頼できるサプリメントです!

長くなりましたが、マルチビタミンは、幸いなことにDHCにあったので、リンクを載せておきますね!

500円台で買えるので、他の何千円もするマルチビタミンと比べればお得感がわかるかと思います 笑

まとめて購入したい方は、こちらの90日分×3セットをお選びください。

どうしても炭水化物を食べたい場合

ここまで、ビタミンやミネラルについて、丁寧に丁寧にご説明させていただきましたが、それでもどうしても糖質を食べたいという方も正直いらっしゃるかと思います。笑

そんな時はは、糖質をカットするサプリメントもありますので、ぜひそちらを活用してください。

私のオススメの商品のリンクも貼っておきます!

  • カロリミット

やっぱり王道のカロリミットですよね!

多少値段は張りますが、効果は間違いないですね!

これを飲めば、ラーメンやお寿司などを多少食べ過ぎたとしても、安心です 笑

  • カーボリミット ギムネマ

こちらは、とにかくコスパがいいです!

こちらに含まれるギムネマ酸は、カロリミットなどの大手の糖質カットサプリメントにも配合されている糖質をカットする効果のある成分になります。

このサプリにはそのギムネマ酸がしっかりと配合されているため、ラーメン屋お寿司などを食べた際の糖質をブロックする働きがあります!

大手の製品でない分、コスパがいい製品となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

炭水化物だけ食べてると、また炭水化物が食べたくなる悪循環が起こってしまいます。

そうならないためにも、ビタミンやミネラルといった別の栄養素を摂取してから甘いものを摂取するようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました