野菜から食べると太らない?ダイエットに効果があって痩せるって本当?何からどういう順番で食べる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん、ベジタブルファーストという言葉は、聞いたことがありますか?

おそらく、聞いたことがある方は、結構いるかもしれませんね。

聞いたことがなくても、友達や家族がベジタブルファーストを実践していて、気づかず自分も実践している場合があります。

それぐらい、ベジタブルファーストは、知名度もありますし、実践している人も多いダイエット方法になります。

ただし、実は、ベジタブルファーストは、正しく実践できてないケースがかなり多くあります。

正しい知識で、意識して取り入れないと、あまり意味がなくなってしまいますので、今日は、ぜひ、正しい知識を得て、これから実践していっていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベジタブルファーストって何?

ベジタブルファーストは、野菜から食べて、次に肉や汁物を食べて、最後にご飯ものを食べるというものです。

要するに、太る原因となる糖質を一番最後に摂取するのが目的となっています。

糖質を摂らないダイエットを糖質制限ダイエットや低インスリンダイエットと言ったりします。

糖質を摂らないことにより、脂肪の元となるインスリンを発生させず、太る原因を作らないダイエットになります。

低インスリンダイエットは、以前ご説明した記事がありますので、そちらもぜひご覧いただければと思います。

ベジタブルファーストは、擬似的な糖質制限状態を作り出す

実は、ベジタブルファーストは、先ほどご説明した、糖質制限ダイエットの環境を擬似的に作り出します。

そして、擬似的なのですが、食べる順番を考えたりするだけで、糖質制限状態を作り出すことができるので、その手軽さから、ダイエットを日常的にしていない人たちもこの方法を取り入れているケースが良くあります。

私の家族も、普段食べるものに気を使っていないのですが、この方法だけは毎食継続しています。

確かに、たいした運動はしていないですし、しっかりと糖質も摂取しているのですが、体型はあまり変わりません。

めろこ
めろこ

ベジタブルファーストは、すぐにできるし実践したい!

このベジタブルファースト以外は、何もダイエットに関係することは行っていないので、本人曰く、ベジタブルファーストは本当に効果があるし流行らせたい!とのことです。

すでに、いろいろな人がやっているんですがね 笑

では、実際にベジタブルファーストを行う方法について、説明していきたいと思います。

ベジタブルファーストのやり方

ベジタブルファーストのやり方について説明していきたいと思います。

ベジタブルファーストに説明も何もないでしょ?

ただ、野菜から食べればいいんでしょ?

こう考えられている方、ぜひ以下の注意点を気にして実践してみてください。

そうすれば、今まで以上に効果が得られますので!

以下が、ベジタブルファースト実施時の注意点です。

  1. 食べる順番を気にする
  2. 野菜を食べてから、次の料理を食べるまで時間を置く
  3. できれば、野菜は生野菜を食べる
  4. 噛む回数を増やす

食べる順番を気にする

食べる順番を気にするのは、もっともオーソドックスなので、みなさんご存知かと思いますが、念のためご説明させていただきます。

食べる順番は、野菜→肉→汁物を食べてから炭水化物の主食となります。

この順番を守ることにより、糖質の吸収を抑える効果があります。

いきなり糖質を一気に食べてしまうと、血糖値が一気に急上昇するため、太る原因となります。

ベジタブルファーストは、血糖値の上昇をゆるやかにすることもでき、太りにくい食事とすることができます。

野菜を食べてから、次の料理を食べるまで時間を置く

実は、ベジタブルファーストにおいて、この部分が以外と知られていない部分となり、かつ、かなり重要な部分となります。

一番重要な部分といっても過言ではありません。

まず、野菜を食べますが、その際には、なるべくゆっくり噛んで食べることを心がけましょう!

めろこ
めろこ

確かに、食べる時間とかスピードは意識してなかったな…

一番最初の野菜を食べるスピードが、その後のものを食べるスピードにもつながってきますので、野菜はゆっくり食べるように心がけましょう。

目安としては、一口30回噛んでおかゆ並みに柔らかくなったら飲み込みます。

意識しているうちはできるかと思いますが、少し油断するとできなくなってしまう人も多いかと思います。

それぐらい、意外と普段30回も噛んでいないのだということがわかるかと思います。

できれば、野菜は生野菜を食べる

生野菜には、ベジタブルファーストを助ける以下の効果があります。

  • 繊維が柔らかくなっていないので、噛む回数が増えて満腹になりやすく、食べるスピードもゆっくりになる
  • 食物繊維が豊富で、ダイエットに有効
  • 消化酵素が多く含まれている

どうですか?

生野菜は、繊維質な場合が多いため、噛む量が自然と増えます。

そうすると、食べるスピードが落ちますし、野菜の次の食べ物を食べるまでの時間が空きますので、ベジタブルファーストにはもってこいです。

また、生野菜には、消化酵素が含まれているという、ダイエットの部分では、とても優れた食べものになります。

消化酵素は、ダイエットを行う上で、重要な酵素になりますので、積極的に摂取したい成分となります。

詳しくは、以前まとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてください!

噛む回数を増やす

よく噛むについては、食事全般に言えることなのですが、大切なので説明させていただきます。

今回のベジタブルファーストは、血糖値を急激に上げない、という点も効果に含まれているのですが、よく噛むことも、血糖値を急激に上げない要因の一つであり、太らない食事につながります。

これ、意外と重要なことで、ダイエットを行なっていく上では、外せない要素なので、ぜひ以前解説した記事についても参考にしていただければと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベジタブルファーストを実践している方は、以外と多いかもしれませんが、実は、割と100パーセント効果を発揮できていない方法の場合があります。

まずは、ゆっくり食べることが、どのダイエット方法でも基本になってきますので、その点について心がけていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました