通勤途中や仕事中、家事の最中に簡単にできる?おすすめの痩せる筋トレ方法でのダイエット効果について

スポンサーリンク

最近ダイエットを始めたんだけど、家事の途中でできる運動はないかしら?

それなら片足立ち筋トレはどうですか?簡単ですし、おすすめですよ!

みなさん、片足立ち筋トレなんて言葉聞いたことや見たことはありますか?

おそらくほとんどないはずです 笑

それは効果がないからでしょうか?

いえ、効果はしっかりとあります。

おそらく、片足で立つだけという、あまりにもシンプルで、絵的に映えないため、あまり紹介されていないのだと思います。

ただ、効果は十分に期待できます。

片足立ち筋トレは、主に片足で立つだけの筋トレになりますが、その単純さや、負荷が重くない点などから、様々な方が実践できる筋トレかと思います。

また、見出しにもある通り、仕事中や通勤途中の合間などにできる筋トレなので、場所や時間帯を選ばずに筋トレができます。

今日は、そんな、日常生活の合間にできる筋トレで、気軽にどんな人でもできる片足立ち筋トレについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

片足立ち筋トレの効果について

片足立ち筋トレの効果ですが、正直効果なんてあるの?と思われる方が多いのではないでしょうか?

立ってるだけですもんね。

効果がないと思われるのは、当然かと思います。

ただ、この片足立ち筋トレでは、主に下半身の筋肉を鍛える働きがあります。

具体的な効果は、以下の通りです。

  • お尻の筋肉の大臀筋、太もも前面の太腿四頭筋、普通の生活では鍛えられない太腿の裏面のハムストリングが鍛えられる
  • 下半身の筋肉という、量が多い筋肉を鍛えることができるので、基礎代謝アップにつながる
  • 食後に行えば、血糖値の上昇を抑える働きがある
  • ウォーキング50分に匹敵する負荷をかけることができる

どうですか?

かなり、すごい効果が期待できますよね。

下半身への負荷という面では、ウォーキング50分に匹敵するなんて、想像できたでしょうか?

さらに、筋肉がつき基礎代謝が上がるという効果もあります。

特に、普段の歩行や階段の上り下りでは、なかなか太腿の裏の筋肉のハムストリングは鍛えられませんが、この片足立ちをすれば、そのハムストリングも鍛えることができます。

普段鍛えていない箇所を鍛えると、代謝のアップ効果は絶大です!

また、食後に行えば、血糖値の上昇を抑えることができます。

血糖値の上昇を抑えると、簡単に言えば、太らないという効果が期待できます。なので、毎食後、ぜひ行ってください!

血糖値と運動によるダイエット効果については、以前別の記事でまとめているので、ぜひご覧ください!

片足立ち筋トレのやり方は?

やり方は以下の通りで、いたって簡単です!

  1. 壁やテーブルなど、体を支える場所の近くに立つ
  2. 片足で立つ
  3. ぐらつきを我慢する
  4. どうしてもぐらつく人は、壁やテーブルに手をつきながら
  5. 1分間立つだけ
  6. 慣れてきたら、膝を曲げて腰を落とす

どうでしょうか?

たったの、これだけです!

かなりお手軽ですよね!

これをやるだけで、基礎代謝がアップしたり、血糖値の上昇を抑えられたりと、かなり効果的な運動です!

左右やるのに、1分ずつだけなので、時間がなくても、通勤時間の電車の中でですとか、家事の合間にですとか、いくらでもやり放題です 笑

片足立ち筋トレのついでにできる他の筋トレ

片足立ち筋トレだけでも十分ですが、他にも少しだけ合間にできる筋トレを紹介したいと思います。

ふくらはぎを鍛える

ふくらはぎを鍛える筋トレです。

この筋トレも壁際に片足で立ちます。

そこからかかとを上下に上げ下げするだけです。

かかとはつけないのがポイント!

かかとをつけてしまうと、効果が半減してしまいますので、つけないようにしてください。

片足ずつ、最初は50回もやればパンパンになるかと思います。

それを、徐々に増やしていくと、太いふくらはぎではなく、今よりも引き締まったふくらはぎにすることができるので、男性はもちろん、女性の方にもおすすめの筋トレです!

まとめ

どうでしたか?

合間にできる筋トレほど、無意識に継続できる筋トレはないため、成功しやすいダイエット方法でもあります。

また、筋肉を適度につけると、スタイルも良く見えますので、食事制限でのダイエットも大切ですが、筋トレも一緒に取り入れて、ぜひ、綺麗なスタイルを維持したり、目指していただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました