1日の中で太りやすい時間帯と太りにくい時間帯について、実は、朝よりもお昼過ぎ頃の方が太りにくい?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん、がっつり食べたい時には、朝に食べる!

朝→昼→夜とどんどん太りやすくなるから、ステーキやお寿司などは朝に食べた方がいいよ!と言われたことがあるのではないでしょうか?

私も昔は、よく両親から言われてました。

でも、これ、実は、半分正解で半分間違えなんです。

昔から、朝が一番食べても太りにくいって言われてたんだけど…

確かにそうですが、最近の研究結果では、少し違う結果が出てるんです!

確かに、夜は食べると太りやすいです。

18時以降に太りやすい指数がだんだんと上がり、体も栄養を蓄えやすい体へとシフトしていきます。

そして、20時から夜中の2時頃までは完全に太るゴールデンタイムとなってしまいます。

なので、この時間帯にはご飯を食べ終わっていることが理想的です。

そして、その後の時間帯についてです。

実は、朝よりも昼の方が食べても太りにくいんです。

もっと言うと、一番太りにくいのは昼の2時くらいなんです。

意外ですよね?

おそらく、ほとんどの方が、朝が一番太りにくいと思われていたのではないでしょうか?

なので、太るものを食べたくなって、どうしても我慢できなくなってしまった場合は、昼の2時頃に食べるようにした方がいいことになります。

では、さらに勉強熱心の方、本当に?といった石橋を叩いて渡りたいそこの方!笑

そういった熱心な方向けに、その原理についてご説明していきたいと思います。

そんな説明は不要!という方は、次の昼の2時から試しに食べてください!

ただ、ものには限度というものがありますので、食べるなら昼の2時ということで、食べても太らないということではないので、食べ過ぎには注意してくださいね 笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ、昼の2時が一番太りにくいのか

実は、体には、体脂肪をため込む原因物質があります。

その名も、BMAL1とかいてビーマルワンと読みます。

このBMAL1は、時間帯によって、増えたり減ったりと数が変わります。

このBMAL1が多い時間帯に食事をすると、太りやすく脂肪を溜めやすくなってしまいます。

逆に、少ない時間に食事をすれば脂肪を溜め込みにくくなるということになります。

そして、この、BMAL1は朝の4時から減少し、昼の2時まで減少し続けます。

そして、昼の2時からまた上昇し始め、20時以降から、また脂肪を溜め込みやすい時間帯になってしまうのです。

夜8時以降は食事をしない

余談にはなりますが、ダイエットをしているのであれば、夜の8時以降に食事をしてはいけません。

これは、ホルモンと関係しています。

夜寝ている時に、11時から3時間程度で、体脂肪を分解するホルモンが出るのですが、食後すぐはホルモンが分泌されません。

食後3時間空けないとホルモンが出ないため、8時までに食べ終わって、11時には就寝するというリズムでないと、体脂肪がしっかりと分解されないのです。

体脂肪がしっかりと分解さない生活が続けば、それは太ってしまいます。

全然食べてないのに、痩せない、太ってしまうという方は、この辺が関係していることが多いです。

このリズムを実践できていない方は、まずは、8時までにご飯を食べ終わるということを実践していただければと思います。

それだけでもだいぶ変わるはずです!

睡眠も非常に重要です。

特に、夜型人間になってしまっている方は、今すぐ朝型に変えるべきです!

朝型の方が夜型よりも、ダイエットに向いているので。

そのことについては、以前の記事で詳しくまとめてますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

みなさん、どうでしたか?

なかなか、8時までにご飯を食べて、11時までに就寝する。

昼の2時ごろにご飯を食べるということを実践できている人は少ないと思います。

特に、昼の2時ごろが、一番食べても太りにくいというのはなかなか知られていないことだと思います。

まずは、8時までにご飯を食べて、11時までに寝るということを心がけていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました