主食はどれが一番太る?ご飯よりも食パンは太る?ダイエット時に食べない方がいい主食について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん、糖質オフや、糖質制限という言葉は聞いたことがありますか?

最近はテレビやネットでも度々取り上げられるので、結構目にする機会が多いかと思います。

最近は一昔前よりも糖質制限の認知度が上がっているため、自己流で糖質制限を行っている人が多いのではないでしょうか?

糖質制限が流行っているので、糖質を一部抜いたり、まるっきり抜いた生活をしている方は結構多いかと思います。

中でも多いパターンが、糖質を食べるのは朝だけにしているというパターンの方。

糖質は、脂質と同じで人間のエネルギー源になるため、摂りすぎると体脂肪がエネルギーになるのを阻害してしまうため、それぞれ糖質と脂質のエネルギータンクに入るだけの量を守って摂取することが重要です。

そうしないと、エネルギータンクから溢れた糖質は、エネルギー源にはならず、余った糖質は、脂肪として蓄えられてしまいます。

脂質もエネルギー源になってしまうので、適量を取ることをお勧めします。

なので、なるべく、糖質と脂質は摂取しすぎないに越したことはありません。

そして、実は、主食の中には、糖質はもちろん、油と砂糖を含む主食があるのはご存知でしょうか?

ダイエットをしている人にとって、最も気をつけなければいけない、糖質と油の両方を含んている食品があるんです。

そんな食材は、食べる際には、その辺を理解した上で食べないと、ダイエットの妨げになってしまいます。

  • そんなに主食を食べてないのに痩せない…
  • 今日は、いつもと同じカロリーなのに太ってしまった…
  • なぜかこの主食を食べている日は、太りやすい気がする…

上記のような原因は、他にも要因があるかもしれませんが、実は、食べている主食が原因となっているケースが多くあります。

本日は、そんな食材について、説明していきたいと思います。

ちなみにその他の要因としては、ホルモンバランスの関係で太りやすい日、痩せやすい日があったり、骨盤の歪みが原因の場合もあります。

そちらについては、以下の記事でまとめてますので、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

太りやすい主食はどれ?

太りやすい主食についてですが、結論から言います。

太りやすい主食は「パン」です!

意外だと思う人もいるかもしれませんが、やっぱりと思われる方が結構多いのではないでしょうか?

パンというと、例えば菓子パンなんかはカロリー爆弾で有名ですよね。笑

カロリー爆弾だけど、菓子パンが大好き!という方、多いのでは?笑

ほんと、菓子パンって美味しいんですよね。

ついつい食べたくなっちゃいますし、スーパーのパン屋を見ると、ついついその匂いと美味しそうな見た目につられてお店に行っちゃうんですよね。

それで、半額なんかになっていると、あっ、お得だから買わないと!と思わされてしまうんですよね。

それで、買ってしまうんですよね 笑

食べると2個ぐらいでお腹がいっぱいになってしまうんですが、1個500キロカロリーとかあるのが多いので、そりゃそんなカロリー爆弾を2個も食べればお腹いっぱいになってしまいますよね 笑

でもあれ、甘いからカロリーが高いと思われているかと思いますが、実はそれだけではありません。

実態としては、パン自体に糖質と油が多く含まれているので太りやすい、といった結果になっているのです。

太らないためには?

それでは、パンを食べちゃダメなんですか?となるかもしれませんが、それは無理ですよね。

私もパンがない世界なんて耐えられません!笑

毎日たらふくパンを食べるというわけにはいきませんが、すこしぐらいはパンを食べたいですよね!

なので、パンを食べても太らないようにするには、どうしたらいいかについて説明していきたいと思います。

食べる時間を工夫する

まず、簡単にできる方法として、食べる時間を工夫するという方法があります。

食べる時間は、朝がいいんじゃないの?と思われている方が多いかもしれませんが、実は食べた時に太りづらい時間帯は、昼の2時になります。

おそらくあまり知られていないかもしれませんが、昼の2時が、1日の中で、一番食べたものが吸収されにくい時間帯になっています。

なので、太りやすいものは、朝よりも昼の2時に食べることをお勧めします。

そのほかの太りやすい時間等については、以下の記事にまとめていますので、参考にしていただければと思います。

食後に運動をして血糖値を下げる

やはり何事も、まずは運動になってしまうのですが、特に食べた後に軽い運動をすることが効果的です。

よく、食べた後は動かない!動くと体に悪いと子供の頃に言われたことがある方が多いかと思いますが、実は、多少の運動であれば、むしろ健康にいいことがわかっています。

食べた後に運動すると何がいいかと言いますと、運動することによって血糖値を下げる働きがあります。

血糖値を下げると、体内にある余分な糖が体脂肪に変わる量を抑えてくれる働きがあります。

食後の運動については、以下の記事で以前ご説明していますので、参考にしていただければと思います。

糖質をカットするサプリメントを活用する

あくまで補助的ですが、サプリメントで体が吸収する糖質をカットするという方法があります。

一番いいのが、太る原因とされている糖質を体が吸収しないようにする栄養素のギムネマ酸をサプリメントで摂取する方法がお勧めです。

以前の記事でも、何度か登場しているギムネマ酸ですが、よろしければ、こちらの記事も参考にしてください。

ギムネマ酸のおすすめサプリメントはこちらです

↓ ↓ ↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パンは、ダイエットをするには、避けたほうがいい食材ですが、どうしてもパンを食べたい!という方は、パンを食べた後に運動をするですとか、サプリメントを補助的に使うなどして、食べていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました