ご飯や甘い物をたくさん食べた時に必要な糖質の分解を助けるぬか漬けなどに含まれるビタミンB1について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビタミンB1とは

ビタミンB1とは水溶性のビタミンで、別名サイアミンとも呼ばれています。

このビタミンB1が不足してしまうと、脚気になったり、疲れが溜まりやすくなったりします。

ビタミンB1の詳しい効果や働きについて、説明していきたいと思います。

ビタミンB1の働き

ビタミンB1の働きは様々あります。糖質の分解を助けたり、体の疲れをとったり癒したりなど。

どれも体にとても重要な働きをしてくれますので、逆に不足すると体に不調をきたしてしまいます。

しっかりと摂取した場合の効果と摂取しなかった場合の症状について、具体的には以下のとおりです。

ビタミンB1をしっかりと摂取した場合の効果

ビタミンB1により得られる効果は以下のとおりです。

  • ご飯や麺類、パン、砂糖などの糖質の分解を助ける
  • 精神を安定させる
  • 脳の中枢神経や、手足の抹消神経が正常に働くようにする
  • 筋肉の疲れをとったり、疲れにくくする

糖質の分解を助ける

ビタミンB1には糖質の働きを助けてエネルギーに変える働きがあります。

糖質はそのまま単独でエネルギーに変わっていくわけではなく、エネルギーに変換するには酵素が必要で、酵素には補酵素が必要となっています。

ビタミンB1はその補酵素の役目をします。

そのため、ビタミンB1が不足すると糖質が分解されず、エネルギーに変換できないといったことが起きてしまいます。

ビタミンB1が不足した場合にでる症状について

ビタミンB1が不足することにより出る症状は以下のとおりです。

  • 糖質が分解できず、乳酸などの疲労物質がたまって疲れやすくなる。
  • 気分がふさぐ
  • 集中力がなくなる
  • 協調性がなくなる
  • 動悸や息切れがおこる
  • 反射神経に異常が出る
  • 倦怠感が出る
  • 手足にしびれが出る
  • むくむ
  • 食欲不振や吐き気がでる
  • 脚気になる

どうでしょうか?かなり多岐にわたっての不調が起こる可能性があります。

なので、食生活に偏りがある方でこのような症状が出ている方は要注意です。

特に甘いお菓子や清涼飲料水などをよく好んで摂取している人やインスタント食品などを食べる機会がほとんどという方は特に注意が必要です。

また、タバコやお酒を好んで摂取する方はビタミンB1不足を招きますのでご注意ください。

ビタミンB1を含む食品

ビタミンB1を多く含む食品は以下のとおりです。

  • 豚肉
  • レバー
  • うなぎの蒲焼
  • たらこぶり
  • さば
  • ナッツ
  • ピスタチオ
  • 玄米
  • 大豆
  • そら豆
  • きな粉
  • インゲン
  • 枝豆

ビタミンB1の必要量

ビタミンB1の1日に必要な量は、成人男性では1.4mg、成人女性では1.1mg程度となります。

この量は、ぶりやその他上記の魚であれば10切れ、豚肉でもモモ肉で140g程度も必要となります。

豚肉から摂取しないと、1日の摂取量にはなかなか届きません。

ビタミンB1は調理に弱い

実はビタミンB1は水に溶けやすく熱に弱いためほとんどの調理中にかなりの量が失われてしまいます。

特に水道水で洗うと水道水の中に含まれる消毒用の塩素にも弱いため、しっかりと水洗いをするとビタミンB1が溶け出してしまいますのでご注意ください。

ビタミンB1の効率的な摂取の仕方

ビタミンB1は調理に弱いため、もし調理をした場合は元々の食材に含まれる半分はビタミンB1が失われると考えていただいた方がいいかと思います。

そのため、その分も見越して多めにビタミンB1を含む食品を摂取するか、そのような調理の心配がいらない食品を摂取するかになります。

ここでは、効率的な摂取の仕方について紹介したいと思います。

サプリメントで手軽に摂取する

時間がない方はサプリメントでもいいので最低限摂取する必要があります。

本来であれば食品から十分に摂取する必要がありますが、時間がなくやむを得ないという方はサプリメントで時間に余裕がある方は、以下で紹介するぬか漬けもあわせて取り入れていただくのがおすすめです!

こちらはビタミンB1に特化して摂取することができるサプリメントです。ビタミンB群は様々なビタミンB群がそれぞれ補い合って効果を発揮するため、その他のビタミンBも不足している可能性がある場合は、以下のサプリメントを摂取していただいた方がいいです。

こちらのサプリメントはイノシトールやナイアシンなどその他のビタミンB群が含まれているため、全体的なビタミンB不足の方におすすめです。

皮膚の不調や抜け毛、若白髪などビタミンB不足による症状が起きている方はビタミンB1のみではそれらの症状は改善しないためこちらのサプリメントをおすすめします。

ビタミンB1を効率的に摂取するにはぬか漬けがおすすめ

ビタミンB1を効率的に摂取するにはなるべく熱を使用した調理をしないということがポイントです。

その点ではぬか漬けは熱を利用した調理は行わないためおすすめです。

さらに、ぬか漬けはビタミンB1を増やす働きがあるため、野菜をぬか漬けにして食べるとさらにビタミンB1を増やすことができるため、体に疲労感が残る方や糖分の摂取量が多い方はぬか漬けがおすすめです。

おすすめのぬか漬けを以下の通りピックアップさせていただきましたので、参考にしていただければと思います。

まず、50年物熟成ぬか床セットは、これから始められる初心者の方でも十分満足いただけれる本格的なぬか漬けが味わえるセットです。

市販のぬか漬けとの違いが存分に味わえる点と、ぬか漬けは本来毎日ぬかと野菜をかき混ぜる必要があるのですが、このぬか床は混ぜる必要がなく、ただ野菜を入れれば簡単にぬか漬けができてしまうという点が手軽で大人気のぬかとなっています。

時間がない方はこちらがおすすめです。

一方で、以下のぬかは、手短にパッとぬか漬けを味わいたい方におすすめです。こちらは90分あれば野菜がしっかりと漬かるものになっています。

すぐに作る必要がある方やすぐにぬか漬け生活を始めたい方におすすめとなっています。

結局どちらを購入すべき?

私のおすすめはまずは90分で漬かるぬか漬けを食べ、その間に50年物塾生ぬか床セットで野菜を漬けておくという2段構えがおすすめです!

ぬか漬け一度食べると絶対に手放せなくなるので、ぜひやってみてください!

味はもちろん、おつまみにも最適ですし、(居酒屋のぬか漬けおいしいですよね。それ以上に正直おいしいので!)、あとは、ぬか漬けは野菜を美味しく育ててる感覚になりますので、もしかしたら趣味になる方もいるかもしれません 笑

趣味として楽しみながら、健康的な生活を送るためにもぜひぬか漬けを食べてみてください!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました