【朝食とダイエットの関係】朝食で生姜がいい?体を温めて太りにくく痩せやすい体を作るなどの方法について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
めろこ
めろこ

ダイエットをする場合、朝ごはんって食べたほうがいいのかよくわからないなー

確かに、朝ごはんを抜いて痩せられる人もいれば、逆に太っちゃう人もいるからね…

めろん
めろん
めろこ
めろこ

食べたほうがいいって言われるけど、何がいいのかよくわからないんだよなー

そうだね!朝ごはんとダイエットの関係性について、勉強していきたいね!

めろん
めろん

みなさん、こんにちは!ダイエットラボへようこそ!

本日も、ダイエットや美容に役立つ情報をお届けしていきたいと思います!

本日のテーマは、【朝食とダイエットの関係】朝食で生姜がいい?体を温めて太りにくく痩せやすい体を作るなどの方法についてです!

みなさん、朝食は、食べる派ですか?食べない派ですか?

私は食べる派です!(興味ないかと思いますが 笑)

朝食とダイエット関係は、昔からよく言われていることだと思います。朝食でカロリーを抜いたほうが、カロリーだけで見たときには痩せるのでは?こういった考えを持った方が多くいらっしゃるかと思います。

そして、痩せたいからといって、いざ朝ごはんを食べないダイエットをしたとすると、なかなか成功するのは難しいはずです。

なぜかと言いますと、人間の体は、慣れに非常に敏感です。ですので、いきなり朝食をなくしたりすると、体が飢餓状態になり、昼食の際に、たくさんため込もうとしてしまうのです。しかも、朝食を抜いているから大丈夫!少しくらいなら!といった心理現象に陥ってしまう可能性が大いにあるため、続けられる方や、徐々に体を慣らして朝食がなくても大丈夫といったような状態に持っていける方が朝食抜きダイエットを行える方だと思っています。

朝食ダイエットについては、以前に関係記事を書いておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

上記の通り、朝食とダイエットは、密接に関わりあっています。朝食をどのように摂取するのか、もちろん、何を摂取するのかによって、ダイエットに繋がるのか、痩せやすい体質になるのか、太りやすい体質になるのかと、かなり体型の変化に関わってきます。

今日は、そんな、ダイエットと朝食の関係について、また、どういった物を朝食時に摂取したらいいのかなどについても、紹介していけたらなと思っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝食は、大切なエネルギー補給のタイミング

朝食は、食べたほうがいいのか?どうなのか?の議論があるかと思います。普段から食べなくて大丈夫な人は、食べなくても大丈夫ですが、ダイエットのためにと、いきなり食べなくするというのは、太りやすい体にしてしまったりする危険性があるため、注意が必要です。

なので、今回は、朝食を食べるということについて、詳しく説明していきたいと思います。

朝食は、寝ている間に基礎代謝で消費されたエネルギーを補う、大切な補給タイミングとなります。エネルギーを補給することにより、体や脳がしっかりと機能できるようになります。

そもそも、脳や体が動くためには、エネルギーが必要となります。特に脳は、炭水化物の糖質をエネルギー源としますので、朝の糖質は、しっかりと摂取していかないといけません。

体についてもエネルギーが必要となり、体は、脂質などをエネルギーにもできますが、やはりしっかりと朝から栄養を摂ることが大切になります。特に体は、糖質などをエネルギーにして、熱を作り体温を上げます。この体温の上昇が不十分だと、体脂肪の燃焼が十分に行えなくなってしまいます。

体温が1度下がると、基礎代謝が下がる

そして、この体温の上昇が不十分な場合ですが、体温が普段よりも下がれば、基礎代謝が下がってしまいます。例えば、一度下がれば、基礎代謝が12パーセントも低下してしまいます。これは、だいたいご飯1杯分に相当する人もいる計算になります。

ご飯1杯分ってかなり大きいですよね。しかもそれが毎日ですから…

なので、朝からしっかりと栄養をとって、体温をしっかり上昇させる。その結果、基礎代謝量が上がるという、その仕組みを考えると、朝ごはんを食べる重要性がわかっていただけるかと思います。

体温が1度下がると、免疫力も下がる

さらに、体温が1度下がると免疫力までも下がってしまうことがわかっています。どれほど免疫力が下がるかと言いますと、いままでのだいたい40パーセント程度も免疫力が落ちてしまうため、普段よりも病気にかかりやすくなってしまいます。

いままでかからなかった風邪などにもかかってしまったりしてしまうため、体温が下がると、ダイエット以外にも、健康面でも不安な状態になってしまいます。

なので、朝からしっかりと栄養をとって、体温をしっかり上昇させる。その結果、免疫力も上がるという、基礎代謝もあがりますし、この2点からでも、朝ごはんを食べる重要性がわかっていただけたかと思います。

朝ごはんには、生姜がオススメ

生姜には、皆さん知っての通り、体を温める作用があります。朝の体温上昇は、結果として基礎代謝を高めることになりますので、朝から生姜を摂取することは、そういった観点からもオススメです。

どれくらい摂取すればいい?

生姜は、朝から1かけ程度摂取できれば、体温を十分に上昇させてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?朝ごはんをいまも食べている人は、体がその生活に慣れているため、これからもしっかり食べることをオススメします。その上で、体温をさらに上昇させるためには、生姜を朝ごはんに取り入れてみてはいかがでしょうか?

豆腐に乗せたり味噌汁に入れたりと、生姜は様々な用途がありますので、ぜひ試してみていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました