オリゴ糖は甘い糖なのに痩せ菌を増やしデブ菌を減らすダイエット効果があるの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オリゴ糖とは?

オリゴ糖。よく聞いたことがある名前かと思います。スーパーでも良く売ってますよね。

オリゴ糖とは糖類の1種となり、さらにオリゴ糖の中には20種もの種類があります。

スーパーでも数種類売っていますので、どれを買ったらいいのかわからないという方は、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

確かにスーパーのオリゴ糖はどれを買えばいいのかわかりずらいですよね…

 

ちなみに、スーパーで売っているオリゴ糖の中でダイエットに効果があるオリゴ糖は一部のオリゴ糖となります。

そして、やはりダイエットに効果のあるオリゴ糖の方が値段が高くなります。

安いオリゴ糖はビフィズス菌を増やし腸内環境を整える効果こそありませんが、普通の糖よりも太りづらくダイエット中の甘み成分としては優れたものということには間違いありません。

オリゴ糖には腸内の痩せ菌を増やす効果(プロバイオティクス)があり、痩せ菌のエサとも呼ばれています。

そして、腸の調子を整え、免疫力も高めてくれる働きがあります。

  • オリゴ糖は腸内の痩せ菌を増やしデブ菌を減らす働きがある
  • 腸の調子を整える
  • 免疫力を高めてくれる

オリゴ糖の種類と効果

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖はショ糖に対して1〜3個の加藤が結合したもののことを言います。フラクトオリゴ糖は消化酵素で分解されにくく、低エネルギーの甘味料になります。

また、フラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌などの腸内の有用菌(痩せ菌)のエサとなるため、ヨーグルトなどと一緒に摂取すると、より、腸内環境を整えることができます。

イソマルトオリゴ糖

はちみつに含まれるオリゴ糖の一種になります。

このイソマルトオリゴ糖もビフィズス菌などの有用菌を増やす効果があるため、ヨーグルトとはちみつはまさに理にかなった組み合わせと言えます。

また、イソマルトオリゴ糖は熱に強いため、ホットヨーグルトにはちみつをかけて食べるという、腸内環境を整える最高の組み合わせの栄養面でも期待できるメニューがつくれます。

  • ホットヨーグルトによりビフィズス菌の活動効率を上げる
  • はちみつによりイソマルトオリゴ糖を摂取することにより、ビフィズス菌などの有用菌を増やす。

大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖も熱に強く、ビフィズス菌を増やす働きがあります。こちらは大豆に含まれるオリゴ糖の総称となります。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は乳頭から作られるオリゴ糖になります。こちらもビフィズス菌を増やす働きがあります。

また、便秘や下痢を改善する効果もあります。

上記のどのオリゴ糖にもビフィズス菌を増やす効果がありますので、ヨーグルトなどのビフィズス菌を含む食品と一緒に摂取がおすすめ

砂糖の代わりにオリゴ糖をなるべく使う生活を

オリゴ糖は砂糖と比べると非常にダイエットに適していると言えます。

砂糖よりも太りにくく、腸内の痩せ菌をふやして痩せ体質に変える働きがあるからです。

皆さんもぜひ砂糖に変えてオリゴ糖を摂取する生活に変えてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました