【セサミノール】コレステロール値の減少や動脈硬化を防ぐ効果あり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セサミノールとは?

セサミノールとは、ごま油の精製をする際に、脱色工程で精製されるため、ゴマ油に多く含まれる栄養素です。

ゴマの種子に含まれる抗酸化物質であり、ゴマリグナンの1つとなります。

セサミノールは、ゴマの種子に含まれるため、いりごまやゴマにも、もちろん含まれます。

  • セサミノールはゴマはもちろん、ゴマ油などのごま製品に含まれる。
  • セサミノールには、抗酸化物質が含まれている。

セサミノールの効果

セサミノールの大きな効果としては、以下のとおりとなります。

  • 抗酸化物質により、肝臓の機能向上作用や肝臓ガンの発ガン抑制作用がある。
  • 肝臓の働きを助ける、お酒の飲み過ぎに効果がある。
  • コレステロール値を減少させ、動脈硬化を防ぐ働きがある。
めろん
めろん

二日酔いに効果が有る成分はありがたいね!

お酒の飲み過ぎに効果がある

セサミノールには、アセトアルデヒドの分解速度を速める働きがあります。アセトアルデヒドの分解が遅くなると二日酔いの原因になるので、その分解を早めるということは、肝臓の負担を軽くする働きがあります。

コレステロール値を減少させる効果がある

セサミノールには、コレステロール値(悪玉コレステロール(LDL))を減少させる効果があります。コレステロール値を下げるということは、動脈硬化を防ぐ効果が有るということになります。

  • セサミノールには、コレステロール値を減少させる働きがある。
  • セサミノールには、動脈硬化を防ぐ効果が有る。
めろこ
めろこ

コレステロール値が気になる人は要チェックだね!

老化やがんを防ぐ

セサミノールには、強力な抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、ざっくり言うと体の老化現象を遅らせる働きがあることを言います。

老化やがんの原因は、過酸化脂質というものになりますが、セサミノールは強力な抗酸化作用があるため、過酸化脂質による過酸化障害を防ぐ防御効果が有るのです。

老化を防ぐということは、当然若白髪や抜け毛を防いだり、改善したりする働きもあるため、歳をとった方はもちろん、若い方も積極的に取り入れるべき栄養素となります。

  • セサミノールには、抗酸化作用があり、がんなどを防ぐ働きもある。
  • セサミノールには、若白髪や抜け毛を防ぐ働きがある。
めろん
めろん

若白髪や抜け毛に悩んでいる若い人が今は多いから、
セサミノールを取り入れていきたいね!

セサミノールの効果的な摂取の仕方

セサミノールは先程お伝えしたとおり、ごまから取る形となりますが、同じごまでも、例えば、ごま油とただのごまでは精製等の工程の違いにより、体への吸収率が変わってきます。

そのため、「ごまよりもごま油の方がいい」ということになります。

または、ただごまを料理に振りかけるよりも、加熱をしてすりごまにした方が、体への吸収率が高くなると言われています。

白ごまよりも黒ごま?

実は、同じごまでも、白ごまと黒ごまでは抗酸化作用に差があります。同じごまでも、なんと、黒ごまの方が抗酸化作用や抗がん作用が高いと言われています。

みんさんも、日頃から、料理になるべくごまを振りかけたり、炒めモノにはごま油を使用する、ごま油風味のサラダを摂取するなどして、積極的にセサミノールを摂取していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました