短時間で隙間時間に効率的に行うダイエットは何をやればいいの?おすすめの運動や筋トレは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさん、日々家事や育児、学業や仕事などに追われ、その中でダイエットに励んでいる方、多いんじゃないでしょうか?

いざダイエットに励んでみると感じるのは、「時間がない!」だと思います。

そうなんですよね。

意外と時間がないんですよね…

仕事をしていて、帰ってきてから溜まっている家事などをこなし、子育てなんかしていればなおさら自分の時間なんてありません。

土日も、平日に行けない食料品の買い物に行って、子供たちを遊びに連れて行っていたらあっという間に夜!

そんな生活を送っている方は多いのではないでしょうか?

そんな生活では、がっつりダイエットに時間を取っていられないですよね。

効果があると言われているウォーキングをやるにしても、1時間とかの時間は取れないですし、ジムなんかにも行っている時間はなおさらないかと思います。

そういった環境に陥ると、もうダイエットできなくてしょうがないか、と考えてしまう悪循環に陥ります。

そうなってしまったら、なかなかダイエットを開始できなくなってしまいます。

なので、そうならないように、コツコツとでもいいので、ダイエットを続けていくことが大切です。

継続を止めることは簡単ですが、一度やめた継続を、また、始めることは大変です。

特に、ダイエットなんかは、いろいろ厳しい食事制限などの制約や、運動などがきついなど、一度やめてしまうとそのままずるずると続かなくなってしまうことが多いです。

そうならないように、ダイエットを途切れさせないことが重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットを途切れさせない

ダイエットを途切れさせないというのは、いろいろな方法があると思います。

例えば、食事制限。

この週は糖質制限による食事制限をする、そしてその次の週は、筋トレをメインに、その次の週は有酸素運動をメインにといった形で、なるべくいろいろなことを交互に行いながら、飽きないようにダイエットを継続させることが重要です。

上記は、週単位で記載しましたが、実際には、毎日交互に内容を変えるのがおすすめです。

特に筋トレは毎日行わず、2日おきなど、休養日を設けるようにして行いましょう。

筋トレは筋繊維を傷つけてから回復させながら、より、筋肉を太くするという流れです。

この休養日が十分に確保されないと、筋肉が太くつかなくなります。

筋肉があった方が、ダイエットのための基礎代謝が上がるため、筋トレ後はしっかりと休養日を設けましょう。

そのかわり、休養日には、別のことを行うことができます。

たいていは、有酸素運動を少し行ったり、同じ筋トレにしても違う部位なら問題ありません。

例えば、昨日は下半身の筋トレをしたから、今日は腹筋をメインに、明日は背筋をメインに、その次の日は、腕をメインになど。

このように、小分けに、いろいろなことを幅広く無理なく行うことがダイエットを継続するポイントになります。

隙間時間を大切にする

ダイエットには、隙間時間が大切です。

例えば、家事をしている時、お皿を洗っているとしましょう。

そのお皿を洗っている時間にも筋トレはできます。

例えば、つま先立ちを繰り返すことによって、ふくらはぎの筋肉が刺激されますし、少し足を開いて少し上下に動けば、ワイドスクワットも可能となります。

隙間時間でも積み重ねればかなりの時間になります。

ダイエットを習慣化することも重要

ダイエットは習慣化させることが重要です。

例えば、家事が終わって、少し休憩と思って椅子に座るとします。

その椅子の近くに手軽にできるダンベルなどがあれば、筋トレへの抵抗が少なく、ダイエットを手軽に行えるのではないでしょうか?

以前、以下の記事でもまとめましたが、筋トレやストレッチを習慣化するために、1箇所にヨガマットなどをおき、そこにまずは座る。

筋トレをすることを目標にするのではなく、まずは、筋トレを行う場所に座ることを目標にするというスタイルです。

なかなか斬新ですよね 笑

ただ、どうでしょう?

一気に筋トレまでのハードルが下がりましたよね!

もう、そこまで行ってしまえば、あとは、気分に合わせて筋トレをやるだけです。

意外とこの方法、効果あります!

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか。

ダイエットは、続けることが大切です。

追い込まれすぎて、続けたくなくなるようなダイエットは、ダイエットに向いていません。

コツコツと、小さなことと続けることがダイエットには有効となります。

みなさんも、ぜひ、継続の心でダイエットに励んでいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました