痩せやすい体質にするにはどのような習慣をつけて何をすればいいのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットとは習慣の積み重ね

ダイエットはなかなか続かない・続けるだけでもすごいこと

ダイエット、なかなか続かないですよね。ダイエットに限らず継続させるのってすごく大変ですよね。

1ヶ月何かを継続できたら、それはすごいことだと思います。

継続することができるかたは、それもある種の才能だと思います。

誘惑に負けず努力をやめない天才。

ダイエットもそのように、みんな途中でやめたくなる、挫折しそうになるのをなんとか頑張って必死に続けているのではないでしょうか。

ダイエット期間は無条件に努力している期間でもありますよね。

自分磨きのために。

素晴らしいことだと思います。

その期間は、できるだけ長く続けたいですよね。

長く続けられればそれだけで自信にもなりますし。

簡単なことであれば長く続けられる確率は当然高くなると思います。

難しい目標だと長く続けるのが難しい

ただし、それがきつい運動ですと、当然効果は出ますが、挫折して途中でやめてしまう可能性が高くなると思います。

それが普通です!だって人間なので、ラクしたいですもん 笑

目標を設定するのであれば継続可能で簡単な目標を

なので、大きな目標を作って嫌にならないように、まずは継続することを目標にしてみてはどうでしょうか?

目標はクリアしやすい目標を設定し続けることが大切です。

そうして、最終的には大きな目標をクリアするという流れです。

ただし、ダイエットの目標だからといって、小さな目標を1キロ痩せるとかにしてしまうと、その手前の、「どのようにして痩せる」という小さな目標がないため、なかなかうまくいきません。

当然ですよね。1キロ痩せるためには、それなりの食事制限や運動が必要ですから。

ご飯を夜は食べない、糖質を制限する、毎日スクワットを30回行う、毎日30分歩くなど、目標は様々ですが、何かしら簡単な目標を決めて、続けることでようやく1キロ痩せるにつながっていくかと思います。

ですので、小さな目標から設定することがおすすめです。

では、どのように小さな目標を設定して、継続していけばいいのかについて、ご説明していきたいと思います。

【GI値】低インスリンダイエットとは?糖質制限ダイエットと違う?
糖質制限ダイエットを調べられた方は、GI値というものが存在することにも気づかれたかと思います。同じ糖質量でも、血糖値の上がり方の違い等が数値化されたものです。

ダイエットを継続するためには

ダイエットを継続させるにはどうしたらいいでしょうか?

これが最も難しいところですよね。

簡単に継続できればいいのですが。

ダイエットを生活の中に組み込む

ダイエットを継続させるには、ダイエットとして行っている運動やストレッチを生活の中に組み込むことが大切です。

生活の中に組み込むことさえできれば、それが習慣となって続けることが苦ではなくなります。

では、どのように組み込むのかですよね。そこが重要ですよね 笑

ダイエットを行う指定の位置を作る

まずは、そのダイエットを行う指定の位置を作ることから始めましょう。

えっ?位置を作る?それって必要?それって大切なことなの?と思われるかもしれません。

これが、意外と重要です!

では、どのように位置を作っていくかです。

例えば、ストレッチや筋トレなら、マットを敷く!以上!

えっ?それだけでいいの?とびっくりされる方が多いのではないでしょうか?

そうですそれだけでいいんです。

位置を作るのはこれだけでおしまいです。簡単ですよね!

マットがなければマットが来るまでは座布団で応用してみてはいかがでしょうか?

間違っても布団はダメですよ。完全に寝るという最終の目標がある場所ですから 笑

指定の位置に行く

では、マットを敷いたら次は何をするのか?

まずはそこに行き、座るということです。

座ることを目標にするだけです。

それだけです。

またそれだけ?と思われた方、それでいいんです。小さな目標をクリアすることが大切なのですから。

なので、そこで携帯をいじっても大丈夫ですし、ゆっくり休憩しても構いません。

とにかくダイエットに関する何かをする前の低いハードルの目標を設定することにより、ダイエットに関する行動を起こすスタートラインに立ってしまうのです。

これ、意外と効果があります。

私の場合は、筋トレ器具を揃えた部屋と洗濯物をたたむ部屋をセットにしています。

これは、洗濯物をたた見終わった後に隙間時間が30分ぐらい作れるので、畳み終わったらすぐに隣にあるダンベルに手を出します。

その後、ダンベルが終われば腹筋台に移動し、最終的にスピンバイクにまたがり、有酸素運動というルートを通っていきます。

これ、全く苦ではありません。

気づいたらスピンバイクにまたがっていたという状況を勝手に演出できてしまいます 笑

しかも、このルートですと、無酸素運動により筋肉に刺激を与えた後に、有酸素運動に移っていくので、脂肪燃焼効果も高まります。

以下は私の三種の神器です。笑

参考にしてください。完全に筋トレの流れができて、飽きっぽく3日も続かない自分がそろそろ続けて1年になります!

錆びない・肌触り抜群(子供のブロックのような肌触り、寒い冬でも冷たくならない)・重さ変更自由自在なダンベル

コスパ抜群

メンテナンス不要、他の摩擦抵抗のスピンバイクとは違い、磁力抵抗で汚れも音も出ないスピンバイク

これをカプサイシンのサプリメントを飲み、脂肪燃焼効果を高めた後に行う、これが私のルーティーンです!

みなさんもこのように、ぜひダイエットを習慣づけて長く続けていただければと思います!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました